読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

クリシー通りのローカルバーガーショップ『MILE TIME』は初心者オススメの良店【パリ生存報告】:その54

f:id:T_TAPER:20170328235815j:image

 

パリには大量のバーガー屋がラーメン屋のように存在し、イスラム教徒だろうがなんだろうが皆むしゃむしゃバーガーを食い散らかしているのは常々申し上げておりました。

 

ハラルバーガーショップはことこの17区周辺には多く、チェーン店らしき小奇麗なお店も数多く存在します。

 

 

しかし!!!!!!

続きを読む

「フランス王たちの隠れ家」トゥーレーヌのワイン『Touraine Gamay』【5€ワイン制覇】その6

f:id:T_TAPER:20170328235429j:image

 

トゥレーヌはブドウ栽培で有名なフランスの盆地で、パリへも比較的アクセス容易なエリアみたい。ワインも勿論旨いという事で、試してみた。

 

飲んだのはTouraine Gamay AOP, rouge 

 


f:id:T_TAPER:20170328235450j:image

f:id:T_TAPER:20170328235442j:image

かなりリーズナブルだったが、くち当たりまろやかで美味しく飲むことが出来た。

トゥーレーヌのワイン、かなりオススメかもしれない。

 

 

フランスの雄『JENLAIN BLONDE』は特徴がない普通ビール【欧州ビール制覇】:その31

f:id:T_TAPER:20170405001355j:plain

 

Jenlain Blonde

はフランスで一般的な Biere de Garde

スタイルの高アルコールビールです。

と言ってもIPAなどに比べれば断然飲みやすく、その辺のビール命!!!な諸外国のビールに比べれば断然飲みやすい、如何にもフランスなビールです。

 

パッケージデザインも可愛くてオススメ。

 

続きを読む

マクドナルドの王様バーガー『グラン・プレミア』は特徴が無いのが特徴【パリファストフード通信】その53


f:id:T_TAPER:20170328235612j:image

 

パリに数多く存在するマクドナルドですが、メニューもなかなか豊富です。

今回食したのは、『GRAND PREMIUM』。値段もそれなりに高い、フラッグシップモデルです。(多分)

続きを読む

佇まいだけなら究極クラスの教会ビール『St Stefanus』は育てて飲め!【欧州ビール制覇】その32

f:id:T_TAPER:20170306054707j:image

 

 このビールらしからぬ外観の大瓶に入っているのが、『St. Stedanus Grand Cru』です。

ベルギー生まれのこのストロングペール・エールはスーパーの棚の中でも高級品。

しかし、それに見合うだけのかっこ良さと唯一無二のテイストを楽しめます。

 

特に瓶のプレミア感は半端ないので、是非買ってみてください。

 

 

続きを読む

【5€ワイン制覇】その5:これはかなりオススメ。Château le Bosquet 『 Merlot Pays D Oc』 【ビオワイン】

f:id:T_TAPER:20170328222321j:image

 

5€ビオ・ワイン系だと、かなり最初に飲んだメルローです。

正直言ってこれは美味い。

「ビオ・ワインって別に高くなくても美味しいんだな!(ただしフランス内に限る)」

という事実に感動した一本でもあります。

特に目立った特徴はないですが、「ああビオ・ワイン〜〜〜」とビオ的な何かを感じることは出来ると思います。

 

メルローということで、飲みやすさ抜群。まろみがあって酸味が少ない。これに加えビオ・ワイン的な水々しさもある。エッジが無く、奥行きのある豊かなテイストです。

普段ガブガブ飲むのに適しているのではないでしょうか。

 

これは好き

 

夜中にシャルル・ド・ゴール到着。空港からバスで東駅のホテルを安全に目指す方法:【パリ通信】その45

f:id:T_TAPER:20170327233355j:plain

 

「パリは危ない」

パリへ発とうとする全ての人間に投げかけられる言葉である。

実際に、パリは東京都の大変のエリアより危ないだろう。

 

しかし、だからといってパリには行かねばならぬ。ということでどうしたら安全に空港からパリに行けるのか、それをパリ初体験状態の人間が吟味してみることにする。

 

 

まずは空港に着陸するわけである。この時点で死ぬことも有る。

大きな鉄の塊で空を飛ぶ。危ない。

ちなみにイミグレーションは無きに等しい。こんな杜撰な国境管理で許されるのか甚だ疑問である。

 ↓

荷物を受取り、外にでる。するとなんと目の前にロワシーバスの待合所がある。これは素晴らしい。怪しい黒人アラブ人もチラホラ居る。とにかく目を付けるべきは単独型の軽装キョロキョロマンだろう。ホームレスとか、アル中は無視。爆笑している黒人達も無視。無口な奴が一番危ない。

 

f:id:T_TAPER:20170327233340j:plain

 

ロワシーバス空間において、日本語は共通語である。すべてにおいて安心できる。

クレカを挿して、購入。なにも迷う必要は、ない。

 

f:id:T_TAPER:20170327233346j:plain

 

最低30分待てばくる。何も問題ない。

ロワシーバスが来たら乗る。変な黒人は乗ってこない。歌うやつもいない。

 

 

f:id:T_TAPER:20170328001830p:plain

 

 

停留所に着く。夜10時である。

人影もいがいとまばらであるが、オペラ周辺は最も明るいパリのエリアなので気にする必要はない。さらにサラザール〜オペラ間は大量のバスが運行しているので、最悪の事態は免れえよう。

メトロ7番線。これは荷物が多いとキツいだろう。あと駅がしょんべん臭いが、犬を飼っているならじき慣れるだろう。几帳面なら、たぶん無理だと思う。本当にしょんべん臭い。諦めて日本に帰ったほうがマシなレベルでしょんべん臭い。もしくはバスを使うか。とにかくうんこしょんべんげろに耐性がない人、キツいと思う。

人は少ないが、メトロは意外と明るい。電車も結構来る。

電車に乗る。マリファナ臭いが気にせず目を開けていよう。出来るだけ白人のシャレオツな若者(ノブリス・オブリージュ感あるやつ)か金ありそうなババアの近くにいると良いだろう。まず間違いなく何もおきない筈だ。若い女はスリのターゲットにロックオンされていることがあるので、巻沿いを食うかもしれない。

東駅。とにかくヤベえ雰囲気満載だが、観光客も多いので多分オペラよりも人多い。

なんか言ってくる黒人が居るかもしれないが、基本無視でなにも問題ない。むしろ東駅の南、ストラスブール=サンドニ周辺のほうがマジでヤバイ。

 

 

f:id:T_TAPER:20170328001907p:plain

ホテルに着く。このホテルの夜勤の黒人は『コラテラル』のジェイミー・フォックスのような真面目さんだった。狭いが居心地はなかなか良い。そんな感じ。

 

以上、安全に空港からパリに行く方法でした。絶対バス使っとけ。 

f:id:T_TAPER:20170327233405j:plain