残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

クリシー通りのローカルバーガーショップ『MILE TIME』は初心者オススメの良店【パリ生存報告】:その54

f:id:T_TAPER:20170328235815j:image

 

パリには大量のバーガー屋がラーメン屋のように存在し、イスラム教徒だろうがなんだろうが皆むしゃむしゃバーガーを食い散らかしているのは常々申し上げておりました。

 

ハラルバーガーショップはことこの17区周辺には多く、チェーン店らしき小奇麗なお店も数多く存在します。

 

 

しかし!!!!!!

 

 

ハラルバーガーがチェーン店というのは実は稀で、大体は「チェーン店」のような外見のオンオフ・ハラルバーガーショップだったのです!!

 

 

今回訪れたのはその名も「MEAL TIME」。

場所はクリシー広場からラフォーシュの方向へ向かう途中にあります。

 

バス停目の前という絶好のロケーションです。


f:id:T_TAPER:20170328235811j:image

1階はレジと若干のカウンター席で、2階にけっこう広めの座席となっています。

大きなソファーに腰掛けて眺めるクリシー通りはなかなかのもの。

 

清掃もそこそこ頻繁に行われていました。 

6.8ユーロにしてはまあまあボリューミーで旨い。ソースは2種類選べる。
f:id:T_TAPER:20170328235806j:image

6.8ユーロにしてはまあまあボリューミーで旨い。ソースは2種類選べる。

ドリンクは缶。この辺からチェーン店ではなく単発系バーガー屋だということが分かる。肝心のパンはまずまず・・・と言ったところ。

この時注文したのは「チキンフライ+ビーフパテ」のセット。目立った特徴はないが、17区の下町キッズの腹を満たすには十分すぎるテイストでした。

 


f:id:T_TAPER:20170328235801j:image

で、けっこう面白かったのがポテト。フランスでは、ローカル店舗になるとポテトはトレイにダヴァーされるだけのお手軽スタイルに変身する。これは結構美味しかった。

そしてソースの種類は多く、その中からハニーマスタードとサムライ(チリソース) をチョイス。これもケバブ屋同様、美味しくサブウェイ並の品揃えがあるナイスなものだった。

 

客層とかのバーガー屋治安情報

筆者が入店したのは平日の昼下がりだったので、かなりガラガラ。中東系の兄ちゃん達もいるが、地元の小学生達も入っていてそこそこ人気かつ安全な雰囲気を十分感じる事ができた。ヤバイ店だと店員を見なかったりするが、この店は大通りに面していて採光も十分。クリシー通りでも特に難易度の低い、初心者に優しいハラル系バーガーショップといえるだろう。

 

 

場所