読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

【欧州ビール制覇】その19:不死鳥を戴くベルギー修道院系フレンズビール『GRIMBERGEN(グリムバーゲン)』は激甘ケミカル系・・・?

 

f:id:T_TAPER:20170325211936j:plain

 

Madam Monsieur, bon soire. 

今回ご紹介するのはベルギーのアビー(修道院)ビール、GRIMBERGENのブロンドです。

GRIMBERGENはベルギーの街の名前で、そこにあった修道院で昔(1128年)から作られていたビールだそうです。

 

 

そしてなんと!!!!ついに出た!!!!!!!

あの動物。

 

 

 

 

 

 

強そうな動物がラベルにガッツリと描かれています。これは期待出来ます。

調べてみるとこのフレンズはなんと『フェニックス(不死鳥)』!!!!

 

ついに神獣系でも最強クラスのフレンズがきてしまいましたね。火の鳥とはたまげたものです。

公式動画では「なぜフェニックスなのか」ということがやたらと気合の入ったシビライゼーション風動画で表現されています。 とにかく強そう。

 

 

しかしながら500mlで1.75ユーロと、そこそこお安い値段でございます。

アルコールは6.7%

 

公式サイト

Grimbergen

 

味は正直・・・

f:id:T_TAPER:20170325211933j:plain

 

そんな感じで全てに期待出来るグリムバーゲン・ブロンドだったのですが、実際に飲んでみると感想は全く異なるものになってしまいました。

 

まず味。とにかく甘いです。純粋に甘さで勝負する系ビールでないのは明らかなので、己の舌が機能不全なのかと思いましたが、正確には「甘いように感じるケミカル系のなにか」が舌に何とも言えないヌッタリ感を与えていたのでした。ただし、「甘ったるい」というわけではなく、甘さ+αのナニカが得も言えぬ苦さを作り出しているような気がします。

 

喉越しは比較的スッキリです。炭酸も強い。なので異常に暑い日や、疲れきった体にはいい刺激を与えてくれるかもしれません。

 

 

このグリムバーゲンは、他にも赤、白、アンバー、リザーブなどかなり種類があるので、とりあえず全て制覇してみたいですね。種類によって全く味が異なると思うので・・・・

 

 

f:id:T_TAPER:20170327232717j:plain

 

意外と街中で宣伝されており、その認知度はかなり高いと思われます。