読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

【欧州ビール制覇】その9:これぞ欧州ビール。フランダース地方からやってきた濃厚特酔いラガー『3 MONTS』

欧州ビール

 

f:id:T_TAPER:20170221061833j:plain

 

Saint Sylvestre『 Trois Monts』です。フランス北部オランダ国境近く、フランドル地方のビールってラベルに書いてあります。フランダースの犬も駆け回った豊かな麦畑から来ていると考えると、涙なしには飲めません。

 

フランプリの冷蔵庫にて発見、確保。330mlで2,5ユーロ也

キレのある味と喉越し、クリーミーな泡も楽しめる。

加えて8%オーバーの強力なアルコールもあり、普段物足りないと感じていた正真正銘のビールっぷりを堪能できる。クリアな色合いに似合わず、味もそこそこ深い。そこはかとない渋みが、欧州の酒文化の奥深さを覗かせているようだ。

フランドル産だけあり、なんとなく工業感がないのが良い。

 

 

f:id:T_TAPER:20170221061828j:plain

 

泡が立ちやすい!!!

今回は冷えていたが、イギリスのエールのようにしてのんでも美味しいかも知れない。

というか、味的にはエールのほうが近いのかもしれない。

アルコール度数が高いのでガンガンという訳にはいかないが、また是非飲みたい一本です。

 

カマンベールチーズなどの強烈なアテが合いそう。

 

 

f:id:T_TAPER:20170221061837j:plain

 

Degustationとは「試飲」という意味ですが、本来このビールは750mlサイズ。

確かにお試しサイズとしては手頃です。まさにパリの「チョイのみ」スタイルにはうってつけ。モノプリにはあまりないと思いますが、フランプリには多い印象です。

日本ではほぼ見かけない8%オーバーのビール、貴重です。

 

公式サイトはコチラ

Bienvenue sur le site de la brasserie St-Sylvestre

 

生産風景も公開中。ナレーションが渋い。

 

 

味的とアルコール度数的にはシメイのホワイトに近い・・?