読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

【パリ生存報告通信】その9:パリの試供品配布事情もやはりオシャレだった

パリ通信

f:id:T_TAPER:20170130013309j:image

 

花の都・パリ。大抵の旅行誌には「花の都パリとは言うけど、実際街にはゴミがあふれその辺は犬のうんこだらけ。がっかりしないように」という記述が散見されますが、それはちと違うのではないでしょうか。犬のクソなぞ甲州街道沿いにいくらでも転がっているし、そもそもマトモにゴミ箱が無い東京のように雑誌がバラバラになって放置されてたりもないです。程度の問題&視野狭窄もいいところでしょう。

 

 

話はそれますが、流石パリというか、街が意外とモノトーンなのに対し、「モノ」はかなりカラフルです。

 

普段あまり中心部の地上には出ないのでアレですが、一大ステーションであるサラザール駅の地下の円形空間でエスプレッソカプセルの試供品を配っていました。これがまたカラフル。

 

f:id:T_TAPER:20170130013242j:image

 

流石にそこまでカプセル式エスプレッソが普及しているとは思いませんが、それでもこのカラフルな入れ物を見たら興味は湧きますよね。 そこそこ値段もするものですし、東京だと全く見かけた事がありません。

 

カプセルのサイト

www.cartenoire.fr

 

f:id:T_TAPER:20170130013301j:image

 

 箱もなかなかカッコよくデザインされており、さすがだなーと感心した次第。

これからも配布されているものは残さず貰っていきたいと思います。