読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

【パリ生存報告通信】その8: 12月後半自炊風景

鶏肉とパプリカと巨大ナスの炒め物&チャーハン

f:id:T_TAPER:20170130014655j:image

コメント:辛うじて残っていたクックドゥーのナスの炒め物ソースを使用したことにより、完全にバランスが取れた味が再現された。

なお、使用したナスは日本の5,6倍の大きさの物だった。味は同じ。

パプリカは水々しく美味。チャーハンはタイ米を使用。味付けは適当。

総工費€3くらい。

まあまあ。

 

 

 

 

玉ねぎとパプリカの生姜焼き&タイ米

f:id:T_TAPER:20170130014658j:image

コメント:肉の上に乗っかっている物体は、黒いが生姜である。

生姜をすりおろし、肉には小麦粉を付け酒・醤油などを用いて炒めた。

パプリカが余っていたのパプリカを使用。豚肉はなかなか旨いが、やはり高い。

総工費€2くらい。

また食べたい。

 

クリスマスディナーセット

f:id:T_TAPER:20170130014703j:image

コメント:蒸したじゃがいも、キュウリの昆布付け、ソーセージに紫キャベツとピクルスの付け合せセット。これはクリスマスケーキの前菜である。キャベツがかなり固く、失敗。まあ普通に美味い。ソーセージは焼いたほうが美味しいかも。

全部で€2くらい。

まあまあ。

 

 

 

クリスマスケーキ(崩壊)

f:id:T_TAPER:20170130014717j:image

コメント:前日、スーパーで購入したクリスマスシフォンケーキがなんと冷蔵庫の中で融解していた。やむを得ないのでそのまま食べる。味は悪くないがやはり食感は最悪だった。ケーキ代:€6。

もう食べたくない。

 

クリスマスオードブルセット

f:id:T_TAPER:20170130014723j:image

コメント:アボカド、生ハム、ミモレットチーズ、カマンベール、フレンチフライとピクルス。最高の酒のつまみセット。ミモレットチーズはカビが生えるのが早い

アボカドは1個€1が基本。チーズ類は全部安い。

全部で€2くらい。

また食べたい。

 

 

チャーハン

f:id:T_TAPER:20170130014742j:image

コメント:パリ地方で食される標準的なチャーハン。玉ねぎを使用している。

全部で50㌠くらい。

まあまあ

 

カニクリームパスタ

f:id:T_TAPER:20170130014752j:image

コメント:これはかなり旨い。カニ缶を使用し、牛乳とバターを投入している。

フライパン1枚での調理のため、麺の調整に時間を使う。香味は玉ねぎとにんにく。バジルなどを入れたほうが良い。カニ缶がかなり安くて美味かった。

全部で€1,5くらい。

また食べたい。

 

 

カニクリームパスタ

f:id:T_TAPER:20170130014803j:image

コメント:カニ缶があると、連続してパスタを作ってしまい、結果飽きる。

が、どう調理しても美味い。パスタ自体は鬼のように安い。

全部で€1,5くらい。

また食べたい

 

 

トマトソースパスタ

f:id:T_TAPER:20170130014819j:image

コメント:標準的なパスタ。ホールトマト、玉ねぎ、にんにくをじっくり煮て、バターで味を調整。ローリエを投入したが、ワインに合わせるならなくても良さそう。とにかく赤ワインとの相性が良い。

全部で€2くらい。

また食べたい。

 

ツナパスタ

f:id:T_TAPER:20170130014831j:image

コメント:水分調整が難しく、ツナの味が強い為難しい。結果的に辛くすることで気を紛らわし、コーンで食感を良くした。ツナが日本のものと違い、かなりパサパサしているので油分追加が必須。味付けを見誤った。

全部で60㌠くらい。

もういいや。