読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

【ロンドン百景】その47:イギリス映画館の座席指定システム


f:id:T_TAPER:20170131102739j:image

 

ロンドンって公園多い気がするんですが、日本みたいに小さい公園ポツポツ型ではなく、デカい公園を纏めてドーンな感じなんですよ。こんにちは106です。

 

筆者は映画がそこそこ好きで、良く映画館に行っていました。

学生証を持っていれば割引になる、とかそういう話は置いておいて、今回は座席指定について少し。ちなみに、大人普通でも日本より安いので、お金は安心してほしいです。

 

オデオンの場合

f:id:T_TAPER:20170131102734j:image

 

さて、ロンドンには勿論単館系からチェーンのシネプレまで色々ありますが、一番目立つのはこのODEONさんでしょう。かなりの数があり、日本で言う109みたいな感じです。

 

と言っても、ロンドンの建造物はそんなに大きくなく、というか新築出来ないので、スクリーン数も3個くらいが普通。その分、各地に点在しているといった感じです。

 

例えば、↑は『キャロル』公開直後に行った際のスクリーン。

物凄く座席数が少ない様に見えますが、階段教室型のスクリーンで、日本の激狭(例えば、角川シネマ新宿の小さい方)よりかは圧倒的に快適です。

 

座席指定システムですが、あまり多くの人が守っているわけではありません。

大体の目安程度で、先に誰かが座ってもあまり気にしないようです。

 

f:id:T_TAPER:20170131102729j:image

 

これは『レヴェナント』の時。お分かりのように、がら空きです。

ロンドンのシアターは数が多いので、空席率もかなり高い様に感じます。

 

もっというと、映画を見るには東京よりも大分イージーです。

値段も10ポンドくらいが基準でしょうか。場所によってかわります。

 

機材にかんしては、大手は殆どDLP導入済みでしょう。

逆にフィルム上映に当たった事がありません。

 

ただ、スピーカーは場所によっては古いかも・・・

 

色々試してみるのが良いでしょう。