読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

【パリ生存報告通信】その7:パリの街角映画広告まとめ 1月分

パリは映画が発明された国だけあって映画の宣伝も盛んです。 映画館の数も、東京より多いのではないでしょうか。 そんな中でも意外なのが、日本映画の注目度。こんな感じです。

【€5ワイン制覇】その2:Roche Mazet Pays d'Oc IGP Sauvignon 安くて美味い

20代の一番酒が飲める時期にフランスに来てしまった筆者。しかしとにかくカネがない。お高くとまった商社の駐在でもなんでもなく、自己資金でパリに殴り込みをかけた者に酒を飲む金など無くて当然と云うのは建前で、だったら逆に飲める範囲で飲めばいい。レ…

【パリ生存報告通信】その6:重量級バーガー屋『BIG FERNAND』で肉まみれになるの巻

どうも、ビッグ・フェルナンドです。いや106でした。 今回はパリでも有名っぽいバーガー屋の紹介です。 その名こそ『ビッグ・フェルナンド』。どのフェルナンドがビッグなのかイマイチよくわかりませんでしたが、その肉汁滴るフェルナンドのビッグなバー…

【パリ生存報告通信】その8: 12月後半自炊風景

鶏肉とパプリカと巨大ナスの炒め物&チャーハン コメント:辛うじて残っていたクックドゥーのナスの炒め物ソースを使用したことにより、完全にバランスが取れた味が再現された。 なお、使用したナスは日本の5,6倍の大きさの物だった。味は同じ。 パプリカは…

【パリ生存報告】その5:初見ピガール周辺治安情報

こんばんわ、106です。 今回は渡仏前から気になっていたけど漠然とした雰囲気しか掴めなかった「ピガール」周辺の危険度についての雑感です。 パリに住む上で良く目にするのが「治安」。パリそのものがかなり治安が悪いというのが通説ですが、じゃあどう…

【€5ワイン制覇】その1:Mas De Jallon Cotes Du Rhone Biologique 2015【ビオワイン】

パリに来て3日、あることに気付いた。 ワインが異常に安い。 筆者はやまやに良く行って最安ワインを購入していたし、西友で売ってるメルシャン防腐剤無添加ワインをありがたく飲んだりもしていた。なので、だいたい庶民階級が飲むワインの価格帯もなんとなく…

【パリ生存報告通信】その4:初めて行ったサクレクール&ノートルダム治安情報

▲スロープにいる黒い影がミサンガ売りの黒人だ!! テロが起こっていらい、そこそこ観光客も減っているパリですが、依然としてレガシーな観光客にとっての脅威、パリの現地人に関する治安状況の方が深刻な106です。

【パリ生存報告通信】その2:12月前半 自炊レビュー

皆さんこんばんは。パリでなんとかやっていくにはまず飯を作らねばならんということで、自炊レビューをしなければならないと天啓を受けたわけですが、どうにもこうにも飯のアピアランスが悪い。そこでもういっそのことそのまま出してしまえ、そういう訳でこ…

【パリ生存報告通信】その3:ネスレ『La Laitiere(牛乳を注ぐ女)』キャラメル味がガチで美味い件

いやー牛乳を注ぐ女本当に美味しいです。マジでオススメ。1,5ユーロくらい。 フェルメールの『牛乳を注ぐ女』がパッケージに描かれているこのネスレのプリンシリーズですが、とにかく美味いです。ガラス瓶に入ったやや固めのデザートとしては最高峰でしょう…

フランス・ワーホリビザを1ヶ月で取得。そのままパリに到達したケーススタディ:その1

こんにちは106です。突然ですが、現在フランスはパリにいます。 人生にアクシデントはつきもの。ロンドンに留学していた私が何故パリへ・・・ しかし迷っている暇はありません。死は確実、時は不確実なのです。

【欧州ビール制覇】その7:なぜ欧州人は高アルコール度数ビールに拘るのか。激甘ビール『8.1』

最近意外とフランスのスーパーにはビールが少ないという事に危機感を覚えつつある106です。本日紹介するのはこの分かり易いビール、『8.1』です。 パッケージがあなり胡散臭いですね。

【パリ生存報告通信】その1:いきなりパリのメトロが無料になるが普通に金払った話

UBEREATSってデリバルー*1と同じなのでは・・・と思いつつ、さすが圧倒的資本力を備えるだけあってメトロの1面広告もデカい。ここパリでも、デリバルー的なレストランデリバルーサービスのパチモノがどんどん増えているようだ。つまり、エンジニアの売り手市…

【欧州ビール制覇】その6:フランス人のビオへの愛情は異常。ビオ・ビール『LICORN Bio』

こんにちは、「動物系アイコンのブリュワリーは美味い」が信条の106です。 今回紹介するのはなんと動物系ブリュワリー!!! というか神獣系ブリュワリーといったら良いでしょうか、ユニコーンです。

【ロンドン百景】その47:イギリス映画館の座席指定システム

ロンドンって公園多い気がするんですが、日本みたいに小さい公園ポツポツ型ではなく、デカい公園を纏めてドーンな感じなんですよ。こんにちは106です。 筆者は映画がそこそこ好きで、良く映画館に行っていました。 学生証を持っていれば割引になる、とか…

【ロンドン百景】その46:ロンドン最強のフィッシュアンドチップス決定版『Poppie's』

皆さんはフィッシュアンドチップス好きですよね。 ビネガーをぶっかける瞬間がロンドン至福の時である106です。 衣がフヤフヤになるまでビネガーを投入し、サッと塩コショウ。 熱々の白身と脂っこい衣が奇跡のフージョンを起こし、そこにビネガーの甘い酸…

【欧州ビール制覇】その5:当ブログ最推し『ペルフォース』の「ブロンド」は普通だった・・・・

圧倒的な旨さを見せつけた『ペルフォース ブラウン』でしたが、今度はそのブロンド版『Pelforth BLONDE』です。 ブラウン版がかなりの旨さだったので否が応でも期待値が倍プッシュですが、果たしてそのお味は。。

【ロンドン百景】その45:ロンドン屈指のカオス空間。ショーディッチハイストリート駅周辺の青空テレビがアツい

皆さんこんにちは。106です。 既に紹介した気もするのですが、ブリック・レーンはナウいヤングなアダルトなら漏れなく好きになってしまうエリアです。ショーディッチ・ハイストリート駅はそんなブリック・レーンにも近く、駅その物もなかなかゴツくてアー…

【欧州ビール制覇】その3:ハイトは安いが薄い。そんなもんだ。

これ「欧州ビールじゃねえ!」と言われそうですが、日本のビールも加えたいので公平性を期すために、「欧州で売っているビール制覇」という事にしていきたいと思います。

【ロンドン百景】その44:ロンドン最凶犯罪エリア『イーストロンドン』。その玄関口ベスナルグリーンからの眺め

今回は珍しく、ロンドンの風景という当に「百景」にふさわしい紹介をしたいと思います。 筆者はロンドンではここ、「ベスナルグリーン」に滞在していました。 ベスナルグリーンはセントラルラインでギリギリ「ゾーン2」にある庶民街で、いわばホワイトチャペ…

【欧州ビール制覇】その4:黒ビール『PELFORTH Brune』はフランスビールで1,2を争う(多分)

だんだん欧州ビールっぽくなってきましたね。106です。 今回飲んだのは『PELFORT Brune』。ついに来ましたフランス勢。

【欧州ビール制覇】その2: ヒューガルデン・ホワイト 500ml

前回ステラを紹介しましたが、とりあえず当面の間はド定番で攻めて行きたいと思います。106です。 今回は『ヒューガルデンホワイト』。何も面白くないビールです。 日本でも最早定番化している洋物ビールですよね。

【ロンドン百景】その43:バッキンガム宮殿は、警察を見学する場所だった

バッキンガム宮殿に向かう通りのとある建物に、この装甲車が展示されています。 その場所は『衛兵博物館』。その名の通り衛兵の博物館です。 その『衛兵博物館』から西へ歩くこと数百秒、バッキンガム宮殿が出現します。 一見するとかなり風通しの良さそうな…

【欧州ビール制覇】その1:ロンドンと言ったら四の五の言わずにステラ

大英帝国最悪の犯罪エリア、イーストロンドンからこんにちは。106です。 ロンドンに来てからと言うもの、ビールを飲むのが楽しくて仕方ありませんでした。

【ロンドン百景】その42:ビッグベン周辺を自主的に巡回してみる

師走のビッグベンですね〜〜 ビッグベン周辺は警察官が非常に多いことでも有名ですが、中には騎馬警官もかなりの頻度で見ることが出来ます。

【ロンドン百景】その41:DIYで困ったらロンドンの東急ハンズ『Leylamd SDM』にGO!

本当に何でもあるお店ってのは、意外と少ないものです。 しかし!!!『Leylamd SDM』!!! このお店は間違いないです。電球だって何十種類もあります。 東急ハンズといよりも、都市型カインズホームに近い感じです。 東京ではあまり見かけない、本格的DIY…

【ロンドン百景】その40:イギリス・マクドナルドの2015年本気最強バーガーが美味すぎた

現行マクドナルド世界最強バーガーの十指に入る マクドナルにはハンバーガーセグメントからビッグマックセグメントまで、各種のセグメントがありますが、このバーガーはその中でも最上位セグメントに位置する、フラッグシップバーガーです。

【ロンドン百景】その39:イギリス人が主張する最も美味い菓子『Wispa』がマジで美味い

こんにちは、106です。 今回はロンドンの語学学校で担任となった30台男性、ロンドン生まれのB氏が勧める最高の菓子についてです。 イギリス人は、他の欧州民と比較しると日本人に近い、という発言をする人がいますが、もしかしたらその通りかもしれません…

【ロンドン百景】その38:コヴェント・ガーデンにある超アメリカンな地下バー『Roadhouse』がアツい!

イギリスのパブに入り浸っていると、偶にはアメリカンな英語と音楽が聞きたくなるもの。そんな時、この「Roadhouse」は最も手軽にその欲求を叶えてくれます。 場所は便利なコヴェント・ガーデン。地下バーですが、入り口は大きいので分かり易いです。営業時…

【ロンドン百景】その37:イギリス指定建造物にもなっている由緒あるパブ『Dog & Duck』

ソーホーにある超人気パブ、通称「D&D」です。 このパブなくしてロンドンのパブは語れません。 ソーホーなので、夜はメチャ混みです。 イギリス指定建造物とは? そもそもイギリス指定建造物って何なんですか?日本の重要文化財みたいな?wikipediaによると…

【ロンドン百景】その36:パブ『Sherlock Holmes』は学生のうちに行っとけ!

ロンドンでの目標は、落第しないことと100軒のパブを制覇すること。106です。 パブに行くのって結構お金がかかるんですよね。 ビールは安いといっても10ポンドくらいは飲みますし、どうしてもお腹が減って何か頼むとプラス10ポンド。冬は寒いしで、行きた…

ロンドン百景その35:ブリティッシュ・ヒルズが凄そう【番外編】

英国に住んでみるとその異常なまでの空気の悪さ(ロンドン限定)と、バングラデシュ人パキスタン人アラブ人その他様々な人々がとにかく多い事に辟易することもあります。 そこでこの福島県にある「パスポートの要らない英国」なのですが、これはこれでかなりイ…

ロンドン百景その34 : 最古のワインセラーを改造したバー『Gordon's Wine Bar』は激混みだが挑戦する価値は有り

ロンドンをぶち抜くテムズ川。 夜にもなると綺麗にライトアップされる場所が多く、バンク(川岸)エリアはカップルが多くおとずれます。 例えばここエンバンクメント(Embankment) 駅周辺もなかなかの人集りが毎回出来ています。 そこになんとロンドン最古の…

ロンドン百景その33:『V&A子供博物館 (V&A Museum of Childhood)』のゲームコレクションが地味にイケてる件

皆さんこんにちは。 オタクがロンドンを徘徊しているブログ、と銘打っているにも関わらず、最近非常に内容が薄いというか大衆寄りなのでは、という意見を読者の方から頂いたので、ここで一発テコ入れです。 突然ですがビデオゲームにおけるイギリスの存在感…

【ロンドン百景】その32: ロンドンのフリーペーパーで日本紹介記事「名古屋でマストでDoな事」

ここロンドンでは他のヨーロッパ諸都市にも漏れず、近年日本への関心が常に上昇しています。 また一方、ロンドンはフリーペーパー&フリーマガジン天国。あらゆる種類の無料紙が、地下鉄の入り口付近で配られています。また、通勤ラッシュ時には直接配布人か…

【ロンドン百景】その31:スターウォーズ関連食品がアツい(テスコ編)

時は2015年12月。 世はウン年ぶりのスター・ウォーズ完全新作に持ち切りでした。 特にここロンドン!!! 泣く子も黙るロンドン映画業界を牽引していたのは、勿論このスター・ウォーズep7。 ロンドンにある通称ジェダイ寺院こと=ILMロンドンスタジオで、この…

ロンドン百景その30:2日連続でピカデリー・サーカスのSHORYUに通い詰める。これぞロンドンラーメン。

突然ですが、このラーメンいくらだと思いますか? 量は普通、チャーシューは3枚。他には玉子とノリが乗ってます。 気になる名前は『ピリピリトンコツ』。 コチュジャンベースのスープにハラペーニョがのっていますが、そんなに辛くないです。 A. 12,5ポンド …

ロンドン百景その29:セインツベリーズのカップケーキが美味すぎる件

セインツベリーズのカップケーキが旨すぎる。 イギリスはパン類全般がとにかく美味しく、値段も最低価格が常に保証されているようなもので、とにかく市民の強い味方。 特に、セインツベリーズではカップケーキ(マフィン)がオススメ。 これがまた1ポンドで4…

ロンドン百景その26:新聞でのデビッド・ボウイ追悼記事

約1年前、2015年1月10日に20世紀音楽界の超新星爆発、スターマンことデビッド・ボウイが死んだ。もうすぐ1年になる。 享年69歳。肝臓がんだった。 出生の地、イングランドでは当然のごとく伝説的存在になっており、ことロンドンではとてつもない波紋がいたる…

ロンドン百景その27:ロンドン・ビクトリアのど真ん中にあるプライベート公園が秘密の花園すぎる

ふと、ロンドンのビクトリアにある学校から外を見渡すと、見事な庭園を見ることができた。ロンドンのど真ん中に、プライベート公園。 やたらと公園の多いロンドンだが、このようなプライベートの庭も非常に多い。 かなり整備されているようにも見える。 場所…

ロンドン百景その28:元旦に自転車でロンドン徘徊@セントポール大聖堂

新年の1月1日、人気の全く無いロンドン中心部において、とある場所に行こうと突然決めた。セント・ポール大聖堂。交通機関が全くなく店も閉まっているからといって家に引きこもり続けるのも良く無いと言う事で、取り敢えず外に飛び出したは良いものの教会く…

ロンドン百景その25:ロンドン最強の韓国料理店「On the Bab」

ロンドン・コベントガーデン ロンドンの中でも特段超すごい何があるというわけでもないのに観光客が多い、色々楽しいエリア。 この辺は物価が特に高い。特にレストラン。 しかし、この付近にはかなりナイスプライスな韓国料理店がある。しかも美味い。客は韓…

【ロンドン百景】その24:TESCOで40pの食パンと一緒に売られているXboxOneソフト

TESCO TESCOとは、ロンドンもとより英国全土に乱発されている貧困層救済食料センターの通称である。平たく言うとスーパーである。TESCOが無かったら俺は野垂れ死んでいた。 ありがとうTESCO。 TESCOは我々に食料だけでなく、享楽も提供してくれる。 午後7時…

ロンドン百景その23:キングスカレッジ・ロンドンのキャンパス外観

Strand キャンパス こちらは、ウォータールーの対岸、テンプル付近にあるキャンパスである。先程のウォータールーって変わって、高級ホテルやテムズ川、美術館などに囲われるラグジュアリーなキャンパスである。微妙に分かりづらい立地だが、「サマーセット…

ロンドン百景その㉒:Saintbury's にある食材で二郎を作る

どうも106です。二郎は偶に猛烈に食べたくなるのは、人間として至極普通の事だと思います。ロンドンには二郎が無いです。なので作るしかないんです。 Saintsbury's 思い立ったが吉日、という事で早速地元で1番デカいスーパー「Saintbury's」に赴く。セイ…

ロンドン百景その㉑:パブでの超定番オススメ「エール」3選

ロンドンに来てから、おそらく30回以上は異なるパブに行ってみて、ようやくその塩梅がだんだんわかってきました。酒はもともと大好きなので、当初はビール以外にもウィスキーやスコッチを好んで飲んでいましたが、いまはもはやもっぱら「エール」を楽しんで…

【ロンドン百景】その19:セント・パンクラス駅に現れた禍々しい「超巨大ディズニーの塔」がヤバイ

年末年始にハリーポッターのアレで有名なキングスクロス駅直結のセント・パンクラス駅を訪れてみると、コンコース内に驚くべき巨塔が姿を現した。 ぱっと見はクリスマスツリーのような三角錐の形をしているのだが、その表面が完全にディズニーキャラクターで…

【ロンドン百景】その20:デビッド・ボウイの死去追悼inブリクストン

巨星が墜ちた。デビッドボウイは69歳の誕生日を迎えた直後に、ニ息を引き取たおという。最新アルバムの『★』をリリースした直後でもあった。 このニュースはすぐさま世界を駆け巡り、多くの人々に衝撃を与えた。ロンドンは彼の生誕の地でもあり、特にビクト…

【ロンドン百景】その18:ビクトリア駅に蒸気機関車現る

ロンドンに来てから、恐らく最も頻繁に利用しているターミナル駅がヴィクトリア駅だ。ヴィクトリア線やセントラル線などのチューブ各線、オーバーグラウンドもあり毎朝の混雑や夕方の鬼のようなヴィクトリア線の詰まり具合は有名だ。 先日、午後5時くらいに…

【ロンドン百景】その17:忍殺感ある「ソワ寿司」に見える「YO! Sushi」がかなりキテる

はっきり言って「ソワ!」にしかもう見えない。 寿司はもはや日本原産の国際食として完全に確立しており、世界中で食されてる魚と米を主体とした料理である事は言うまでも無い。 それはここロンドンでも例外でなく、中心部であれば思い立って10分以内に「ス…

【ロンドン百景】その16:3回目の大英博物館のアッシリア展示「Room 9」

大英博物館 ロンドン観光といったらココ、という程の完璧な観光地。説明の必要は全くないと思うので、今回自分が発見した事を記す。 大英博物館には通算3回行っており、それぞれ2時間くらい見学して見て回った。勿論それでも全体の十分の一くらいしか観れて…