読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念オタクのロンドン放浪記→パリ・ワーホリ・つまみ食い

イギリス留学ついでにロンドン徘徊。東ロンドンからパリ17区に転進中。

MENU

スコットランドの動物系ビール『Crabbie's ginger beer』はまんま”ショウガ”の味。これは....【欧州ビール制覇】 その25

f:id:T_TAPER:20170329001541j:image

 

 

名前 Crabbie's ginger beer

タイプ スパイスビール

原産国 スコットランド

アルコール度数  4%

サイズ  500ml

価格 1.8ポンド(テスコ標準価格)

 

 

Pioneer of taste

クラビーズの起源がサイトに書いてありました。なんでも発祥は19世紀初期、エディンバラ。で、その発起人がMiller Crabbieさん。エジンバラのリス港から各国の良質な原料を入手した彼らは、グリーンジンジャーワインに良質の生姜とスパイスを加える事に成功。アイコンとなる「象さん」は200年前から輸入業者の象徴として使われていたということから来ているとのこと。

 

 

公式サイト

http://www.crabbiesgingerbeer.com/

 

 

味は強烈なまでにジンジャーが主張してきます。今まで体験したことの無い類のビール体験、かなり面白いですが連続して大量に飲む気にはなりません。体調悪いときとか、体を温めたい時に飲む、養命酒てきな薬草ビールと捉えた方が良いかもしれません。

 

勿論、ショウガ好きな人には超お勧めです。

 

微妙

 

 

 

 

フレンチエール『CH'TI BLONDE』を実飲。異常なほど舌触りが滑らかで旨い。:【欧州ビール制覇】その24

f:id:T_TAPER:20170331223737j:image

 

今回紹介するのはフランス北部、Bénifontaineからやってきた『CH'TI』。いわゆるフレンチエールの「ビエール・ド・ギャルド」スタイルの麦酒で、農家が自前で作って地下室で貯蔵したものが基になっている、伝統的なビールです。*1

 

ラベルから滲み出る素朴さが特徴ですが、味の方は意外にもすっきり飲みやすく、なんとなく上品なテイストが素晴らしい。そしてなによりもその異常なほどスムーズな舌触りは、このビール最大のポイントでしょう。

 

 

名前 CH'TI BLONDE

タイプ ビエール・ド・ギャルド(フレンチエール)

原産国 フランス( Brasserie Castelain)

アルコール度数  6.4%

サイズ 750ml

価格 2.57ユーロ

 

アロマはあまり無く、如何にもビールっぽい苦味と刺激が楽しめる定番系ビールです。

これは好き

 

 

 

公式サイト

brasseriecastelain.com

 

 

f:id:T_TAPER:20170331223740j:image

 

「ブロンド」はご覧の通り美しい黄金色で、金色の麦畑が眼前に広がっているかのような感じです。濁りもなくクリア。

 

 

 

 

f:id:T_TAPER:20170331223744j:image

 

スーパーで瓶ビールを一気買い。そろそろ地元スーパーのビールも制覇しそうです。

 

ピカデリー・サーカスにある超庶民派和食屋『てんてん亭』が丁度いい件:【ロンドン百景】その49

お題「晩御飯の定番」

f:id:T_TAPER:20170329003551j:image

 

韓国人の友達に教えてもらった、ロンドン中心部でも特に安くて庶民的なレストラン、それが『てんてん亭』です。韓国人の友達は上手く発音出来てませんでした。

 

場所はピカデリー・サーカス直ぐ側の日本食屋が沢山あるエリア。

かなりわかりづらいので何度素通りすること間違い無いです。ある意味まったく存在感がありません。

 

しかし!!

 

この和食屋はもはや定番。ロンドンで和食屋といったらまずココを思い浮かべます。

 

続きを読む

【欧州ビール制覇】その22:欧州版『アサヒスーパードライ』はぶっちゃけ同じ。しかし今後は期待大!

f:id:T_TAPER:20170329002211j:image

 

 

イギリスで、アサヒスーパードライはかなり人気があります。

ロシア以外の全欧州での消費量の半分は、ここイギリスで呑まれており、*1和食屋以外でもかなりの頻度で目撃することが出来ます。イギリス以外でも、スイスでもキリンよりアサヒを目にすることが多いかもしれません。フランスはキリンもかなり多いです。

 

続きを読む

【ロンドン百景】その48:『ラブライブ!』西木野真姫おっぱいマウスパッド、ロンドン中心部での価格は・・・

f:id:T_TAPER:20170329003641j:image

 

ピカデリー・サーカスからオックスフォードストリートを徘徊する諸氏。

ロンドンは紳士の街なので、突然ラブライブ!キャラのおっぱいマウスパッドが入り用になっても焦る必要は全く無い。『Tokyo Toys』に行くのだ。

 

続きを読む

【欧州ビール制覇】その21:英国史上最強のビール『ロンドンプライド』は缶で冷やしても美味しい

f:id:T_TAPER:20170329003129j:image

 

ロンドンでエールを勧めるなら、ほとんどの人がこの『ロンドン・プライド』を挙げるではないでしょうか。ロンドンの老舗、フラーズ社が販売するこのエールは数々の賞を受賞しまくっている超有名エールにして、もっとも人気があるエールです。ロンドンの大抵のパブが取り扱っています。

 

続きを読む

奇跡的にも見れた2017年メンズパリコレ参戦報告:【パリ通信】その42

f:id:T_TAPER:20170131081132j:image

 

毎年1月下旬は、来年の冬物を占うパリコレの季節だ。

今回、不肖わたくしめがそのパリコレからお招き頂戴賜ったので、その断片的な情報をここに記す。

 

 

続きを読む